Follow us

イベント情報

Hinton Battle Dance Academy

ヒントン・バトルダンスアカデミー東京校

Share

ヒントン・バトルダンスアカデミー東京校

ヒントン・バトルダンスアカデミーは、吉本興業が未来のブロードウェイスターを発掘・育成すべく、ブロードウェイの伝説 ヒントン・バトルがプロデュースする日本最高峰のダンサーの養成機関として、2017年4月に開校致しました。 ヒントン・バトル、および、ヒントン・バトル自らが選出する国内外のトップクラスの講師によるレッスンが日々、新宿村等のスタジオにて展開されております。また、本アカデミーでのレッスンは、ダンスに限りません。ボーカル、演技、振付などの指導から、パフォーマンス、リハーサル、業界体験、留学プログラムなど、アカデミー生徒のダンスパフォーマーとしての成長を最大限サポートするカリキュラムを展開しています。

日々のダンスレッスンや特別講義により、技術だけでなく、ダンスを通した「感情表現」、ダンスに対する「愛」、ダンスの歴史や楽曲の歌詞を理解する「知識と教養」を学んでいただきます。 年度末には、集大成となる発表の場として、国内外の業界関係者を招いたショーケースの開催を予定しております。

HBDAは、最大3年間のプログラムを通して、世界で活躍できるダンサーの育成を目指します。在学生は日々のレッスンやショーケースなど“ヒントン・メソッド”を通して成長をみせ、1期生はプロダンサーとしての道をスタートしています。

ブロードウェイ、ツアー、カンパニー、バックダンサー、振付師、あらゆるダンサーとしての活躍を本気でサポートするプログラムです。毎年オーディションを開催しています。

ヒントン・バトル ダンスアカデミーとは

 

ヒントン・バトルがプロデュースする日本最高峰のブロードウェイダンサー養成機関
本気で世界を目指す3年間の総合プログラムを無料で提供

POINT1

ヒントン・バトルと吉本興業のタッグにより本場アメリカでのブロードウェイ公演やダンスショー、映画、テレビ番組などの制作を計画。学ぶことに限らず、具体的なキャリアを支援します。

POINT2

講師は全てヒントン・バトル自らが選出。ブロードウェイや世界のショービジネスの第一線で活躍する外国人講師をラインナップ。本場を知る外国人講師と毎日出会い、吸収し、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨する。ニューヨークに行っても掴むことが難しい貴重な体験の数々をここ日本で提供。

POINT3

ダンスジャンルは、バレエ/モダン/HIPHOP/リズムタップ。ブロードウェイや世界を目指すために不可欠な4ジャンルのダンスの習得とレベルアップを目指し、それぞれのレベルに合わせたカリキュラムを用意。

POINT4

ダンスを通した「感情表現」、ダンスに対する「愛」、ダンスの歴史や楽曲の歌詞を理解する「知識と教養」。一般的に 日本人が苦手とする表現力・個性を磨きます。

ダンサー・振付家・シンガー。西ドイツ生まれ。ワシントンDC、ニューヨーク育ち。
9歳よりバレーを学ぶ。1975年、『ザ・ウィズ』の案山子役でブロード ウェイ・デビュー。
『ソフィスティケイテッド・レディ』(1981)、『タップ・ダンス・ キッド』(1984)、『ミス・サイゴン』(1991)でトニー賞助演男優賞受賞。アフリカ系アメリカ人として初めて3度のトニー賞に輝く。
ほかにボブ・フォッシーの『ダンシン』(1978)、マイケル・ベネットの『ドリーム・ガールズ』(1982)、
『シカゴ』(1997)、『ラグタイム』(1998)などに出演。映画『アイドルワイルド』(2006)の振付も担当。
1987年に「なんばグランド花月」の杮落しのショー『アメリカン・バラエティ・バン!』で主演。
2013年『ヒント ン・バトルのアメリカン・バラエティ・バン!』として26年ぶりの再演では、振付・演出・脚本・主演を務めた。最近ではジャズシンガーとして「Something New」、「Hinton Battle meets Count Basie Orchestra」をリリースしている。

お問い合わせ


ヒントン・バトル ダンスアカデミー事務局
info@hbda.jp

詳細はこちら

Youtube

/p>

Facebook